挿入実装、混載実装のことなら当社にお任せください

挿入実装.com

produced by 中国システム株式会社

挿入実装のポイント

はんだ面の部品配置最適化で基板品質向上

Before

はんだ面の部品配置を決める際には、回路機能を優先して配置すると、製造時の工法に制限が出てしまうことがあります。これが原因で予期せぬ実装作業の発生やDIPはんだを行う際にはんだによるショート、未はんだの発生など実装品質の低下に繋がることがあります。

After

はんだ面の部品配置を決める際には、向きを統一してまとめて配置することで、不良品の発生を低減でき、安定した生産が可能になります。また、はんだによるショートや未はんだなど工程内での手直しを減らすためにも、リード部品配置は十分に検討する必要があります。

お気軽にご相談ください

挿入実装.comを運営する中国システム株式会社は、
自動挿入・フローソルダリングライン、混載実装ラインを構築し、
基板設計メーカー様、部品実装メーカー様に対して、実装サービスを提供いたします。
挿入実装の委託先をお探しの皆様、共晶はんだによる実装委託先をお探しの皆様、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから お問い合わせ 技術資料のダウンロードはこちらから 技術資料無料DL